マリーナベイ・サンズのスカイデッキ昼・夜

マリーナベイ・サンズと言えば!!!

2019年に放映された劇場版名探偵コナンに映っている並んだ3つのビルに船が乗っかっているような建物でしょ? というイメージでしょうか。

シンガポールで開催されるUFC(総合格闘技団体)の大会を観戦するついでの観光。勢いあまって2回ぶんの料金払って昼と夜のシンガポールの景色を撮ってきた。

スカイデッキ・昼

マリーナベイ・サンズの3つのビルは、船のデッキから着想されたようだ。船の先端がスカイデッキになっていて、後ろはプールになっている。

インフィニティプールといって宿泊者しか遊べないが、スカイデッキは宿泊しなくても、1600~1800円払えばいける。

地上200mからの景色が

先進的なビルのデザインだそうだ。

海になんでこんなに船が停泊しているのか。

シンガポールは世界の石油供給量の3分の1で、原油輸送の中継地点でシンガポールの製造業において重要な要。

日々、大型原油タンカーで混雑しているので写真のように写るということらしい。

また、沖縄の海のような色合いだなーと思ったがダイビングスポットは離島に行かないとない・・・。

野外のスポーツ観戦の席と

 

会場が海上

片側4車線とか北海道の苫小牧なみだね。

夜になるとこの風景は、私の中で一番きれいな夜景風景に化けると思っている。さて夜編に続く

 

スカイデッキ・夜

日本の3大夜景と言えば! 函館、神戸、長崎のイメージなんですが、現在の更新された日本の新3大夜景は、長崎、札幌、北九州のようです。

北九州以外は見ましたが確かに長崎はきれいだった印象が根強い。様々な光と間の川と山といい夜景を映えさせる構図になっているんだと思う。

世界新3大夜景は、モナコ、香港、長崎。長崎強し。

脱線したけどシンガポールの夜景はきれいでした。一番印象的だったのがさっき夜になるときれいな夜景に化けるといった

これ。明るい道路が主体に映るほどの絶妙な周りの輝度。右手には観覧車が、左手には映えたデザインのビルがそろっている。

マーライオンはどこでしょう? ?

白トビしているが、右下あたりに写っている。

照らし出す社畜達の光・・・夜景…残業している社畜達が造りだしているというのは言い得て妙である。

桃色に写っているのは、シンガポールの夜景スポットして有名なガーデンラプソティ。

そこは植物園になっていて、高さ25~50mのスーパーツリー立ち並ぶ。赤⇒青⇒緑⇒黄と発色をかえていく。

スカイデッキの後に行く予定だったが、意外と遠そうで億劫になってしまったのでスルー・・・

 

やはりフルサイズは夜景に強いと実感した。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す