利尻島1周ツーリング~白い恋人のパッケージ

北海道のお土産と聞いてみなさんが頭に思い浮かべるのは何でしょう? (*・ω・*)

 

宗谷岬クッキー

は今回の北海道ツーリングで買ったお土産ですw

知名度で言えば、白い恋人ではないでしょうか。定番中の大定番と銘打ってるイメージです。北海道に帰省した同僚も手土産に白い恋人を職員に配ってました

(リアル

今回の記録は、白い恋人が利尻島と深く関わっていることを踏まえつつ残していきます。

利尻島は白い恋人のパッケージモデル

 

「白い恋人たちが降ってきたよ」とスキーを楽しんだ旅行客が帰りに何気なく言った一言が名の由来とされています。

白い恋人を製造・販売している石屋製菓の社長が利尻島に訪問した時に、利尻山の美しいシルエットに感銘し、利尻山を白い恋人のパッケージに採用したと言われています。

撮影した場所は、利尻島の沼浦展望台ですが、白い恋人の丘と書かれた看板があります。

ちなみに白い恋人を買って配送するよう家族から頼まれていたので稚内から送りました。去年は小樽近くから送りました。小樽と稚内は300kmほど離れていますが、北海道内なら場所を選ばずに白い恋人を購入できると実感しました。

 

ハートランドフェリーとオタトマリ沼

利尻島にバイクと共に上陸できたので1周動画を撮ることができました。

天気も快晴でして気持ちよく60分くらいで1周できました。ただ無編集の1周するだけの動画ですが、利尻島の雰囲気を感じさせる動画であれたらうれしく思います。ただ、走れたことがうれしい。北海道ツーリングでは初めての離島でした。動画ではフェリーから降りるところからです。

 

礼文島が見えます。次回の記録で書きます礼文島は利尻島からフェリーで45分くらいです。

ハートランドフェリーで 稚内⇔利尻島、利尻島⇔礼文島、礼文島⇔稚内を移動できます。

利尻島に午前中いて14時過ぎには礼文島にいました。礼文島で宿に泊まり翌朝のフェリーで稚内に着いてからサロベツ原野を走る道道106号を走る・・・

利尻島には数時間もいなかったのでまた再訪したいです。利尻島でウニを食べていないですし、高山植物を観察できるハイキングっぽいこともしていません。

それに利尻昆布でダシをとったラーメンも食べていない。。。

 

オタトマリ沼に行きました。沼と利尻山を構図に写真が撮れます。どうやら天皇が来られたようです。

オタトマリ沼は利尻島最大の湖沼です。

壮麗な利尻山と沼と恵まれた天気と・・・最後に北海道ツーリングでは離島を走れて感無量であります。

次は利尻昆布ラーメンを食べにいきます。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す