与那国島で与那国馬に出会おう!

与那国島とは日本の領土上で最西端に位置する島です。そこでは、他にはない、すてきな出会いがあります。今回は与那国島のツーリング動画に映るすてきなで出会いについて記録・発信していきます(北海道ツーリング書く前に沖縄の記事を書かないと(;^ω^A ァセ

与那国馬との出会い

与那国島はフェリーでバイクと共に向かいました。詳しくはよなくにフェリーの記事でフェリーと与那国島について書いたのでよかったらご覧ください↓

与那国島は東西にのびるさつまいものような形をしていてどれくらいの大きさかというと自転車で3~4時間あれば一周できる28.95K㎡の面積です。小笠原諸島の硫黄島や父島より少し大きいくらいです。そして日本領土である近くの石垣島よりも台湾の方が13㎞ほど近く、天気が見えると台湾の山々が見えるそう。

 

そして台湾のラジオ放送を聞くことができるほど日本から離れているんですねぇ(/・ω・)/

自転車で3~4時間で一周できるならバイクだと1時間以内で一周でき、ほぼ一周したつもりの動画を撮りました。

17分25秒

36分25秒

あたりに映る馬を見て頂けたでしょうか?!

与那国島では、野生の馬が道路を歩いていたり東崎(あがりさき)で暮らしています。

36分25秒に映ってるのなんて

 

馬が道路を歩いている

 

驚くものです。馬と共に写真が撮れないか三脚をセットして必死になってものですから動画はほぼ一周という名前をつけて8割くらい走ってる扱いになりましたw

だって与那国馬を目にしたら

与那国馬かわいい~!!

 

ってきっとなります。だって普通の馬より一回り小さいポニーに属する馬ですからきっとかわいいと思うことだと思います。

古くから農耕、農作物や薪の運搬、乗用などに利用されましたが現在は、観光用に利用されたり、人懐っこい性格を活かして動物療法にも利用されています。

 

動画に何度か網目状のような道路が映っていたと思います。それがあると馬は先には進めず、それを利用して集落には馬がこないよう工夫されています。

こんな感じで列になって移動していました。

東崎に行くと多くの馬がのびのびと暮らしています。

すぐそこに海があるという所に馬がいる。

 

後で記事にしますが、とあるドラマのロケ地を見に与那国島に来られる方が多いかもしれませんが、ちょっと進んでかわいい与那国馬に出会ってみてください。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す