白糸の滝~白糸のように落ちる

 長野ツーリングの記事のはじめの2回はツーリングロードをメインに書いてきました。↓

今回は長野ツーリングでよった観光名所の1つである「白糸の滝」について記録・発信していきます。

白糸の滝は長野県軽井沢町にあります。軽井沢と聞いただけで長野観光名所というイメージがあります。

軽井沢は長野県と群馬県をまたぐ場所に位置し、「軽井沢」と「北軽井沢」のエリアに分かれています。その2ヶ所を結んでいるのが「白糸ハイランドウェイ」です。南からアクセスする場合、写真の水色で塗られた白糸ハイランドウェイを通って白糸の滝に向かうことができます。   しかし

 

 

有料道路です

 

 

バイクはたしか100円か200円でした(忘れました

 

調べろよ?って話ですね。調べてみると

バイク 200円
自動車 400円
マイクロバス 1000円
大型・特大 1600円

 

※歩行・自転車・125ccの未満のバイクは通行できません。

白糸ハイランドウェイは軽井沢のほんとの素顔が見える森の中の道とされています。

中の名所として「竜返しの滝」と「白糸の滝」があり、わたしは白糸の滝しか行ってませんでした!(見落としていたことに後悔

 

目的地について白糸の滝まで150mと歩いてすぐの距離に安堵感を覚えるものです。

 

 

歩いて1200mの滝

 

の名所を思い出しました。1200m歩いてよかった!と思えるすばらしい景観を見せてくれたせごどん!に感謝です。↓せごどんのOPに映る雄川の滝について記事にしていますのでよかったらご覧ください、行ってみてください!大ブレイクです。

 

話をもどして歩いて150m 白糸の滝につくと

マイナスイオンもたっぷりでパワースポットとされています。 中には軽井沢唯一の癒しスポットと言われる景勝地。視覚での癒しだけでなく鳥のさえずりがよくがよく聞こえます!見るのもいい目を閉じて鳥のさえずりを聞きながら白糸の滝の音に耳を澄ませるのもいい。

白糸の滝の特徴は湾曲した岩壁に数百条の地下水が白糸のように落ちていることです。水が滝壺へ流れ落ちる時に、白く細かい糸のように見えることから「白糸の滝」と名前が付けられました。

昼間だけでなく夜も楽しめる催しがあります。白糸の滝は毎年ライトアップ&プロジェクションマッピングを開催しているようです。

滝とライトアップ&プロジェクションマッピングとの共演はきっと幻想的な写真が撮れることでしょう。

次回訪れる時は夜を狙おう。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す