ニライカナイ橋に知念岬公園

沖縄のとある公園が穴ぎすぎる秘密の絶景スポットと呼ばれています。そしてそこに向かう道中には最高なビュースポットといわれる橋があり・・・。今回は、そんなニライカナイ橋と知念岬公園について、記録・発信していきます。

 

ニライカナイ橋を渡って知念岬公園に行こう

知念岬公園とニライカナイ橋は沖縄県南部にあります。沖縄ツーリングについてまとめてきた記事も後半になってきました。知念岬公園にいく道中でぜひわたってほしい橋があります。そこは

場所にしてすぐ近くでニライカナイ橋といいます。

南城市にあるニライカナイ橋は、県道86号から国道331号に向かってU字型にかかる全長1,200mの橋です。
橋の真ん中で名前が分かれており写真手前がカナイ橋、奥側がニライ橋です。

知念岬公園から撮ってみました。

右上に橋が写っているのがお分かりでしょうか? (*・ω・*)

橋を渡りながら沖縄の美しい海を楽しめる

それが魅力です。ニライカナイとは沖縄の方言で、海の向こうにある理想郷を意味していてもその名にふさわしい景観を私たちに見せてくれます。

 

知念岬公園には広い駐車場があると思いきや・・・実は知念岬体育館の駐車場でもあります。知念岬公園の入り口はむしろ体育館の入り口の雰囲気があり、公園の存在感を薄くさせてしまっています。

自分は来るのは二度目で、一回目の時は観光スポットで調べて知ったので、ここにこられる観光客の多数は事前に調べて旅の計画に入れていることだろうと思いました。

しかし、体育館に用があって少し奥に進んだらこんなすてきな公園があったなんて発見があったらとてもおもしろいですよね。

それだけに公園と海ですばらしい構図に見えます。

まだ公園の入り口に立っただけなのに自然とシャッターを切りたくなるような景観。南城市知念にある、知念岬公園です。

岬の先端からは南部の大海原と沖に浮かぶクマカ島や久高島が見えます。また、初日の出スポットとしても有名で、元旦には多くの人が訪れます。

 

モニュメントがあり刻まれた文字は「宇宙軸より無限の記憶」です。

 

知念岬公園の奥まで進んで左手に見えた光景です。

 

那覇空港から車で45分の距離らしいですが、道は混んでないしスイスイいけるので自分は那覇市から30分以内に行けました。体育館裏にある秘境スポットをニライカナイ橋とセットで行ってみてはどうでしょうか!

 

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す