権現堂の~第18回幸手あじさいまつり

権現堂(ごんげんどう)と言えば!関東の桜の名所で埼玉の誇りであり、ナノハナの黄色と桜の桃色とのコントラストがすばらしく有名ですね。夜桜もやっていて煌びやかな桜と橋をセットに撮った覚えがあります。追記※あとで気づいたのですが権現堂の夜桜をアメーバ時代に5年前日記に残していた自分がいました。記録に残すっておもしろい→

6月 梅雨の時期にも権現堂はたくさんの人たちが訪れます。 6月から7月にかけて開花する花と言えば・・・?(*'ω'*)

 

 

紫陽花(あじさい)です!

今、権現堂は第18回あじさいまつりが催されています。行って撮ってきました。

4年前くらいに撮りに行ったなーって思い出して調べてみたらちょうど開催されていましたあじさいまつり!

追記※ 後で気づいたのですがアメーバ時代の5年前に日記に残していた自分がいました。記録に残すっておもしろい↓

着いてすぐ一面のあじさいが迎えます。

あじさいの花言葉は移り気だそうです。また家族団らんという花言葉もあります。梅雨を象徴としているかのようです。

 

花びらのように見えますが、実はガクなんです。真花は中心の小さな小さな花びらです。あじさいのガクは装飾花と呼ばれています。

 

これは装飾花で縁取られ、額緑のように見えるためガクアジサイと言われています。なるほど見慣れないあじさいを見ることができます!

 

今までの写真は接写でした。これは散歩道とあじさい撮ってみました。両サイドに咲くあじさいを見ながら散歩することができます。ここから菜の花方面へと降りていく

上の散歩道よりも広範囲にあじさいが咲いています。

 

焼きそばやフランク、アイスが売っていて行列になってました。あじさいも売っています。テントを張った休憩所もあり、憩いの場はばっちりです。母の日の贈り物や結婚式のブーケなどにもよく使われるあじさいを見に埼玉県幸手市へ!どうぞ!

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す