大石林山と美ら海展望台からの眺め

沖縄北部の記事第3弾は、大石林山です。沖縄本島最北端の辺戸岬の近くにある地球2億年の歴史が感じられる沖縄パワースポットと言われています。そして世界で最北端の熱帯カルストがある所です。

カルストでは四国カルストと山口県の秋吉台に行ったことがありますが、眼前にそびえたつこれほど大きい石灰岩を見るのは初めて。

辺戸岬についての記事はこちら(クリックでとびます)

カルストについての記事はこちら(クリックでとびます)

沖縄北部の迫力ある大石林山という観光名所について発信・記録していきます。

2億5千万年かけたカルスト地形

迫力ある大石林山があるのは辺戸岬のすぐ近くと言っていいほど車やバイクならすぐです。

大石林山に着いて受付を済ませたらバスに乗って少し移動します。

目的地についたら、各々行ってみたい、見てみたい所に向けて別れていきます。

 

なぜなら大石林山は4つのコースで楽しむことができるからです。

巨岩・石林感動コース 

美ら海展望台コース

バリアフリーコース

亜熱帯自然林コース

(公式HPより)

私がいったのは巨岩・石林感動コースと美ら海展望台コースなので他のコースは詳しく写真を添えて書けないのが残念ですが、バリアフリーコースは名の通り短めのコースでウッドデッキの通りとなっています。途中に休憩所があります。亜熱帯自然林コースは亜熱帯の木々が生い茂り、6万本のソテツ群落を見ることができます。 では、巨岩コースから見ていきます。

このような石灰岩がダイナミックにそびえたっております。

ある石灰岩は動物に似ていることから名前がつけられていることがあります。

なんの動物でしょう? (*・ω・*) 他にもいろんな動物に似ている巨岩が看板で紹介されているのでぜひ足を運んで見てみてください! 沖縄北部!大石林山!

 

巨岩をローアングルから撮ってみました。亜熱帯の自然と巨岩の調和を感じます。

このように巨岩コースは切り立った石灰岩が林立する絶景を楽しむことができます。 巨岩コースが終わり美ら海展望台コースへと続けて歩いていきます。

 

辺戸岬と大海原を望む 美ら海展望台コース

展望台なので登っていくのですが、途中の景観もいいんです。

山のようなカルスト地形をのぼっていきます。

 

 

広々としているようですが途中狭い道だったり険しい所があったりしますが、乗り越えた先に展望台が待っています。

 

 

辺戸岬から来ると自分がどこにいたのか展望台から確認することができます。

迫力ある巨岩と亜熱帯自然、美ら海展望台からの眺めが楽しめる沖縄北部の大石林山に魅力を感じてもらえたら幸いです。

 

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す