辺戸岬へ~沖縄本島最北端

沖縄北部の記事第二弾は辺戸岬です。奄美群島を望む沖縄本島の絶景!だそうですが、私は見えませんでした!  今回は辺戸岬について残し、発信していきたい。

天気のよい日には、約22キロ離れた鹿児島県の与論島が見えます。天気がよかったんだけどなぁ・・・。地図のように海沿いの絶景ロードの果てに最北端の景色が待っています。

 

待っていたのは

日本祖国復帰闘争碑です。1972年の沖縄返還にさいして建立されました。

 

奥に映っているお二人さんは何を見ているのでしょう

サンゴ質からなる広大な岬です。隆起したサンゴ礁の断崖絶壁に打ち付ける荒波と透き通る眼科の海です。パワースポットとも呼ばれているそう。

辺戸岬ドームは、世界的にも珍しい海底の鍾乳洞で、ダイビングスポットとして知られているそうで次回は必ずダイビングしたい。ビーイズムのレギュレーターがほしいです。

 

駐車場からのどかな遊歩道です。

 

辺戸岬行くなら万座毛でよくない?似てるし。という意見が多いそうです。いやいやいや辺戸岬ならではの絶景があります!近くにすごい所→次、沖縄ツーリングの記事を書くとしたら大石林山という地球2億年の歴史を感じられるパワースポットを書いて!魅力ある沖縄北部観光を発信していきたい!&記録を残す

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す