30年前の緑色ヘッドライトが好きすぎて古い車を買い替えたいと思わない

もうラノベなみにタイトルが長いですが短くまとめるとタイトルの一言につきるんです。

みなさんの車のヘッドライトの色は何色ですか? 白色または淡黄色だと思います。白いライトはLED? すごいまぶしいでいよね。好きじゃないです。街中を見てみてると7割くらいが白色なのではないかと思う。淡黄色のライトは少なくなっていますよね。   あの・・・↑緑色のヘッドライトの車を見たことありますか?

あんまり見ないというか、ほぼいないと思います。

 

なぜなら白色や淡黄色以外のヘッドライトは売っていないし、販売もしてはいけないからです。

 

また、平成18年1月1日付で保安基準の一部が改正され、「前照灯の灯光色は白色」と規定されました。平成18年1月1日以降に生産された車両では黄色の前照灯はNGとなりました。

ぼくの車のヘッドライトは緑色です。オレンジに光っているのは尾灯です。 なんで緑色かというと・・・

 

30年前のヘッドライトだから

シートベルトがない年式のクルマであれば(安全性は別の問題として)シートベルトをしていなくても違反にならないのと同じ原理で30年前のヘッドライトだから緑色がOKという仕組み。

車庫にあったからつけました。現代の車だと電球の型が違うので古い車でないとつけられません。

そして車はぼくが幼稚園の頃から乗っていた親が乗らなくなった平成8年式の車。世間一般ならとっくに廃車なんですけど。こわれて部品をかって直して壊れて直しての繰り返しでやってきました。22年動いてます。最近だと走行中いきなりエンジンとまって動けなくなることがありましたw 地元だったからよかったんですけど。親の車にひもでひっぱってもらうというけん引という手段で帰りました。

ひっぱってもらうとか初めてでした。ずっとひもははった状態じゃないと曲がるときにタイヤがひもを巻き込んで大変なことになってしまうので大変なんですよ? ってそんな機会は普通の暮らしをしていればないと思います・・・

 

話はそれましたが純正の部品はもう時代遅れの車でないといことなので社外品の燃料ポンプをてきとーに部分的にけずったりしてむりやり機能する程度につけました。そして再び動き始めました。スクラップ寸前だった時代と比べるとこの程度のトラブルは大した問題じゃないなって振り返ると思います。5年前にステアリングラックがいかれた時はもうだめかと思いました。なんだかんだ部品が手に入って車庫で車をもちあげて、そしてエンジンをつりあげて父と協力して直せて(*´-∀-)ホッ-3

 

緑色ライトが照らす世界に私は魅了され部品がないなら社外品でも改造してむりやりつけて直せるなら、私は車が動き続ける限り乗っていたい。

手前のオレンジっぽいの尾灯ですね。視界だとこんな感じ。色は緑が一番好きなんです。 それで周りの車はつけられなくても昔の車ならつけられるという満足感。調べてみると色テープみたいなフィルムをはってカラーできます!ってネット販売ありますけど「自己責任でお願いします」という文面がありリスクありますね。それにフィルムというのがださいと思いました。車はボロでライトの形が長方形という現代の車からかけ離れた古いデザインのままでいる私が言えたことじゃないかもですが・・・。

発色が緑色ってのが30年前なら許された世界でした。

 

昔の車ならではのアクセル感覚が好きで現代の車は乗れなくて(MTは除く)カロッツェリアのステレオつけて前と後ろでウォークマンでアニソン流せて日常生活の足として軽自動車で十分なんで車買いたいとは思わないし、緑色ライトが好きすぎるので今の車から離れられないという話でした!

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す