形が同じパーツが何十個…何百個…あるとき…そこから作り出される作品は独創性にあふれる場合があると思う。そう…僕の存在を表す…バツ丸くんは…折り紙手芸パーツを何十個…何百個…と組み合わせて作った折り紙系の立体的作品である。これは…小学生の時に本見ながら作ったので…独創性にあふれていない… 手芸の本見るとすごいです… こんなのが作れるの?!という作品があって…作ってみたいと思う時がある。
(*^ο^)こ(*^-^)ん(*^○^)ば(*^-^)ん(*^〇^)わ(*^∇^)v ニパッ♪金曜日の授業は自立と体験から始まる1時間目…腹いたくなって…モノレール1本か2本おくれて…授業開始ぎりぎりについた。建物の六階にあるから遠い…。授業開始10分前に学校の駅につくのってあんがい余裕がないと気づく。人多いから改札で混む…。1日の始まりの授業から汗だく…落ち着いて涼しくなるのに数十分かかった。授業内容は4月に行われた適性テストで自分の向いている職業に必要とされる力を考える。5点満点で 教育系だけ…5点満点で 次にシステム技術と社会福祉が4点となった。自立と体験の教育学部のほとんどは…教師という仕事について考えるグループにいった。ほとんどっていったのは…教育学部なのに…教師以外の仕事について考えるグループにいった者もいるわけだ…。その一人が僕である。 ん~システム技術関係が2位にきたから。僕と同じ考えがあともう一人いて…一人ではない。クラスには同じ特支仲間がいて…システム技術に手を挙げてることに… え!?はれはれ… とか僕が教育系に手を挙げることと…思ってたんだろうけど…すみません…教育系の人~って手を挙げるときに…あげ…そびれた…てのがある。システム技術班に必要とされる力…集中力!で終わり。
次に自分の強みと弱みについてだが… 適性テストによれば…強みは二つあげるんだけど…僕は自己統制能力と…創造的態度であった。感情に左右されない…自分をコントロールできる能力と…創造性にあふれる能力か…。
平和だ、平和である。そして自分の弱みだが…ほんと…こんなんでよかったと思う…。弱みは規律性… 社会のルールとかを守ってないようだ…身近で感じるエピソードでは簡単…信号無視である。 以上のことを班の代表としてもうおきまりの僕が発表した。信号無視で笑われた。 終わり。
3時間目の発達障害論…課題が出された…残念だ。4時間目の初等家庭科教育…来週のテストについてが気になる。5時間目の教職入門…イギリスとフィンランドの教育政策について… 教育に競争原理を導入するも…国の満たす学力水準に満たない現実。僕は…僕らの時のゆとり教育で安定だと思います。なんかイギリスでは…競争原理でよい成績の者には給食がぜいたくらしい…差別か…バカとテストと召喚獣の内容に似てる!
5時間目がはやく終わった。というのは…おもちゃやさんがきてるらしく…おもちゃやさん?って思うけど… なんかおもちゃがたくさんあって…小さい子とかいました。授業終わりに行ってみた。 小さい子や保護者とか先生とか…集まってました。紙でつくったおすし など…児童の作品がたくさん並んであっては…遊ぶおもつちゃがたくさんある…。並んであるおもちゃの中に…長方形の木のパーツがたくさんある。なんか遊び方の書いてある紙があって手に取ってみると… なんか作れそうな城がある→作ってみたいという気になる→実行する。最初は僕一人でした。一緒にきた特支…まじで作るの?!という考えでしたが…僕が作りはじめると…時間の経過とともに手伝ったくれる…協力者が増える…そこで途中まで紙についてある作品通りいって…最後らへんオリジナルのお城ができたぁぁ!実際やってみると作れるやん…と思って楽しかった。途中…赤の三角のパーツをのせて…すこしたもってけど…崩れた終わった。楽しかった。お片づけでおもちゃの箱にいれるんだけど…そこにうつってる大きなすごい作品がありました。こういうの時間あったら作ってみたいな~と思った。タイトルの…メインの内容であった。
夜は夜勤だった。深夜5時頃と睡魔からくるうとうとさが… 途中ふら~としたり気づいたら壁にぶつかってハ!と気づくことが多々あった。おかしいな木曜日は10時半に寝たのに…なんか疲労感と睡魔が襲ってきて…。さて…さてこれから学校へ…久喜の  ノシ

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す