妻が夫をおくるとき…橋田寿賀子さんの人生の一部を描いたドラマがやってました。87歳にして…いまでも脚本家で…すばらしき物語をつづっていきます。知らない人はいないだろう…あの… おしんの脚本家。おしんは30年前にやってたあの名作…大変有名なすばらしき物語…。おしんはNHKの連続テレビ小説であって…おしんの小さいころからおばあちゃんまでを描いたものでした。おしんもねー長男のゆうが死ななければ…はつこと円満に生活していたものを…あえてそう描いた…まぁ語ると…もう長くて…すばらしくて、かなんしくて…書ききれないです。とりま…30年前のテレビ小説ね。長男のゆうは戦争で……
(*^ο^)こ(*^-^)ん(*^○^)ば(*^-^)ん(*^〇^)わ(*^∇^)v ニパッ♪ テスト始まりました。情報リテラシーぜんぜんだめでした。あれ こんなの習ったっけ?ってレベルで…あと毎回SA=授業アシスタントに数回僕がきくくらいですかラ…情報リテラシーは僕には無理っぽいです。現在の技術についていけません…。ただ…いちお ホームページと印刷してだすワードのやつは無事終わって…授業も全部出席して…テストも受けたので…先生いわく…評価がつけれる状態… 評価がつけれるって単位がもらえるということか…いや…単位がもらえない評価もあるのかな…。でも…あのテスト無理だって…できなかった人おおいっぽいし…先生いわく…一生懸命できるだけやったところ…ちゃんと評価しますからって言ってたから… んん…評価してください。3時間目の英語のテスト……本文暗記する必要があるの全滅だけど…あとは~ んん…予想として…テストの点は半分いくかいかないか…って感じで終わりのお知らせでした。昨夜の3時間では無理だった。これでは中間テストと同じになってしもう。英作文暗記したけどたったの1問かい!あと I am sophomore………←aをいれるの忘れた…sophomoreの前に…冠詞でしたっけ?終わった。あとは単語と…TorFと…和訳と~英作文と~ って感じでどれも自信がない。でも…先生が救済くれました。悪かった子にはそれで加点してあげる。問題は… いじめをなくすには?……教師の立場になって考える… をふつーに文章で書きます。もちろん英語で………………ってのはありえないので書けないので日本語で書いていいということでした。英語のテストに…いじめについて書くという…なんという救済だ!!わるかった子には加点…もらった!ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆
そして…ひとつ気になるお言葉が… クラス全員32人受けたので…追試試験はありません。とのこと。追試験がない…ということはわるくても単位がもらえると考えていいのか。 テストとっても悪いと最終的に追試験で勝負するしかないと思っていたので。そうだったらうれしいな♪
次の外国人先生バージョンはライティングの試験だった。先生いわく…このテストは簡単だ。と言ってくれた。 だったようだ…あまり自信ないけど…まあまぁ解けた。 選択と最後英作文で…終わったら帰っていいということで…授業終わりの時間の40分前には教室をでていた。帰った。来週もテストです。次はオーラルコミュニケーションで…事前に質問される文が書いたのプリントでわたされて… ああ…英作文考えて…発表すればいいのね……ぶっつけ本番ではたぶん無理だからうれしい。 で、次のテストは評価の10%です。え?!と思うけどテストでは評価の20%しかしないから気軽なんだ…授業出欠席で80%ってすばらしい。全部の授業そうして。
水曜日の試験は…もうあとは暗記で… やるしかないですな。電車の中でも暗記しないと。
はて…渡る世間は鬼ばかりって有名ですねぇ~その脚本家がタイトルのことである。多くの時間を脚本家として過ごしてるからまずぼけない…87歳でいらっしゃいます。いつか…自分の人生を描いた物を残したいということで…今夜ドラマやってました。 僕あんまり見てなかったですが。見たかった…
ちなみに…おしんは総集編ではみないで下さい。とばしまくりです。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す