徳島港からのってきた大量のバイクたちは四国カルストを走ったかもしれない。

徳島港から乗ってくるこのバイクの数・・・左上の列です。九州からは十数台でした。四国がライダーにとって人気なのがうかがえます。四国を原付で一周したという話を旅先の人から聞きました。四国カルストの他に海沿いを一周しつつ小豆島に寄るのもいい。山道よし海沿いよし!四国地方は一度も行ったことがない、だけどさぬきうどん食べたいしカルストを見てみたいとずっと思っていました。今回は初のツーリング動画を載せた記事を試す機会。動画と写真を混ぜながら四国ツーリングについて記録のまとめにかかります。

【日本のスイス】に例えられる景勝地 四国カルスト

日本三大カルスト・・・愛媛と高知の県境にある四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台。平尾台だけ行ったことがない。ところでカルストってなに??

 

カルストとは石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で 構成された大地が雨水などによって溶食されてできた地形のことを言います。青空、緑の大地、一面の岩石。色のバランスがよくてどの構図で撮っても楽しそう!

 

さぬきうどん食べた所からどれくらい離れていようと、必ず行くと誓った場所 フェリー→さぬきうどん→四国カルストの道

100kmごとに休憩した記憶があります。高速道路おりて一般道路を進んで山道に入るんですが、四国カルスト突入の看板が見えるまで40㎞程山道を走ります。標高1400mに広がるカルストのために、動画を撮るためにがんばりました。晴れていたと思うんだけど山道走っていたら曇り空になってしまいましたが日本の道路100選に選ばれる絶景ロードを走ることができたのでよかった。これがカルストかと・・・遠くまで伸びる道と一面に広がる岩石を確認できた最初の方、久々にわくわく♪の感覚を覚えました。 岩が、石灰岩が羊の群れのように広がっていることから日本のスイスとも呼ばれているよう。

動画に夢中で写真をあまり撮っていないことに後悔( ´・ω・)

 

動画で見る四国カルスト 名を天空の道

県道383号線は別名【天空の道】と呼ばれているそうです。行ってみるとうなずけるんですが雲が近い。雲に体当たりしている感覚です。動画がこちら↓

 

曇り空でも感動したんですけどいつかまた快晴の中走ってみたいですね!次回は放牧された牛も見てみたい。

雲がスゥーっとはやく流れていく。山形の蔵王エコーライン以来の感覚だった。もっとブログを、休止なんてしないで続けていれば数々のツーリング記事を残せたのに・・・っと思ったけど写真は残っているので新潟~山形のツーリングの記事を沖縄編が終わったら書きたいな。

 

でも忘れそうなので次回は去年行った新潟~山形ツーリング記事を書こうかな。ブログでやることいっぱい

 

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事