ちびまる子ちゃんのお友達の たまちゃんのお父さんが使っているカメラはライカ 持っていたら一生もんという ブランド品のカメラである。 そのライカが作ったレンズをカールツァイスとよぶものもあったりする。



 こんばんは!(。・▽・)ノ 外国人のテストは半分もいかないかもしれない・・・ なにがスーパーイージーだって話であるよ・・・

 3時間目の肢体の授業はそろそろノート作らないとまずいことになる。


 放課後 レンズでもみにいっていた。 そしたら ほしいレンズがビックカメラにあって ここんとこバイトでためたお金でかってきました憧れのカールツァイスレンズ バリオゾナー ティースターコーティング 24-70mm F2.8 ZA SSM


 αユーザーにおける Gレンズとカールツァイス 双璧をなす高級レンズ群の ドイツと共同開発してるほうである。


 カールツァイスとよばれるレンズを空気感をも描写すると言われている。


明るいレンズがほしくて、そしてカールツァイスは憧れで・・・

 買ってきた 7万円引きで 18万5千円である。 エグザスのレンズ保護をつけて大丈夫♪ 買ってしまった・・・というべきか レンズは一生モンといわれる・・・レンズには資金つぎこむべきというのはカメラ界だけど ツァイスはαユーザーのあこがれなんす。

 

 そんなカールツァイスを ミノルタ最後のフラグシップ機につける機会があった。 おやじがミノルタ最後のフラグシップをもっていたことには驚きだった! さすが!

 2006年にカメラ業界から撤退してしまったミノルタ最後のフラグシップに

α 最高の標準ズームレンズをつけたのは感動的だった。

はれまき

  二人でお金をだして 防湿庫を買うことにした。

 梅雨の時期は カビがこわい そして ミノルタのカメラを使いたい・・・たとえ時代のおくれを感じようとも、 フィルムカメラの操作に似た マグネシウム合金のボディは輝いていた。  ノシ

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事