三日目はこれがメインです。 帰る途中で 青函トンネル見学 と記念館へとむかった。
 
 特急で札幌から函館にいき そっから青函トンネルのちとゅうにある 海底駅へと おりる。 青函トンネルは 新幹線のため、今年の10月ごろに減額できなくなってしまう!海底駅のわうに途中で降りることができなくなってしまう! 江差線のように、いくなら今なんです!!

 特急でとおったきた道はおおきかった。 ガイドさんがいらっしゃって 青函トンネルについて 説明しながら中を見学する。
 知っているのは、 青函トンネルをつくるのに東京タワー42基ぶんの鉄が使われたそうだ。
 
 
 記念館について40分間自由時間となった。 記念館の中を見学してもよし、 展望台にいってもよし! 時間を消費してしまうけれど歩いて15分かけて階段国道いってもよし・・・ ぼくはさっそく一番はやく展望台へといった。
 
 これは帰りの道なんだけど  あじさいが咲いてて展望台までの道がステキなんだ。
 
 ポツンとたっている展望台  それだけで被写体となる。
 
 初めてスイングパノラマという撮影をやった。 これはカメラを連写しながら水平にまわして  連写して撮った写真を合成して広い角度写真を撮ることができる技術だ。
 
 カメラでみるとスライドでながれるんだけど携帯やPCでみると細長い写真だね(笑)
 上の写真2枚で ほぼ360度撮れたことになる。
 
 そして 日本にひとつしかない! 車が通ることのできない国道~ 階段国道へ向かうまではしってスタミナが・・・・撮影にスタミナは必要だと感じる。
 
 続きの道は 次 ツーリングできたときときめた。 時間もぎりぎりで撮って集合場所へともどった。
 
 三日目が一番多く写真撮ったんじゃないかなって思う。 青函トンネルの中や地上・・・ブログにあげた写真以外にもたくさん撮った。
  そこで青森にいくんだけど もう16時すぎてて時間の経過がはやかった!
青森で駅弁当とかかって 軽くみやげかって 車のキーにつけようかとおもってる 軽いから大丈夫だろうと。一回相談するけど。
青森でみた夕日が印象的だった。
 
 また北海道から青函トンネルで青森でいくとちゅうでの北海道の景色も印象的だ
 
 
 それで 夜、 東京の上野行きの夜行列車で帰った。
 
 電車ん中でも 寝るまでたのしかったーーみんなといると。
計画してくれてありがとうございます。
 
 この旅は3人で集合写真撮ったりしましたが、  載せず全員に公開という形で北海道の旅の記録にしたいと思う。 撮影した写真もたくさんある。また、青函トンネルの中と記念館の写真撮影は最初の説明で自由に撮っていいとのことです。
    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事