GWのツーリング記事です。ツーリング先の出会いは未知数だから面白い。計画する段階である程度、旅の骨子は作るが他は適当に赴いた地で探していくスタイル。

今回は泊まる宿は確保してあるけれど、近くに夕ご飯を食べられる処がない。日が沈み闇夜が支配する中、山道を走っている時に出会ったピザ&パスタのお店【花猿亭】について記録・発信していきます。

 

手作りがいっぱい

手作りというキーワードだけで人の心に温かな採光を差してくれる。人によって、環境によってどんな色なんだろうと思いに耽る(少し

山道を走っていてヘッドライト以外の灯りが見えてきた・・・おなかを空かした私には安堵感を覚える色に見えました。山道沿いに建っているログハウス。それだけでわくわくです。

お店の名を【花猿亭】です。

場所は御嶽山の近くの信州木曽開田高原です。

木材でできた看板はそれだけで趣がある。木々が織りなす色合いだけで作られたのではないかと思いました。

料理、お店の景観、メニュー表と写真に収めて大丈夫ということで花子さんには感謝です。

花子さん、ぼくはあの日、「え!?これも撮っていいんですか?」と聞いておきながら感激のあまり驚嘆していた者です。また、花猿亭の料理が食べたいです。食べにいきます。

自然と落ち着ける環境がそこにはありました! 店主にとっては最高な宝物であり城なんだろうなぁ~と思いました。

花猿亭は調べてみると釣りが好きな木曽猿と花子さんが営むピザ&パスタのお店ということです!(/・ω・)/

 

ピザは生地から作ります、パスタは手打ちで生パスタを作ります。景観から料理まで、花猿亭には手作りがいっぱい!

まずブラックコーヒー。空腹時でも気にせず開幕から飲みます。逆にそんな状態だからこそコーヒーの深い旨味を存分に味わえる。

ああ・・・今、自分は自然、大地の恵みを大いに享受していると実感していました。濃厚なシーザーサラダだから特に。

塩漬けされた豚肉とチーズ、ソース等どれもパンチがあってバランスよく共存して、もうこれだけで気持ちはおなかいっぱいでした。

ボルチーニときのこ仲間のクリームパスタです。信州サーモンのクリームパスタと悩みました。

ボルチーニとはボルチーニ茸と言われるきのこです。イタリアで秋に旬を迎えるのがボルチーニ茸です。

イタリア食材店で買えるのでおそらく初めて。香りよく歯ごたえあり。きのこって最高。世界共通。

きのこ、生パスタと濃厚なクリームソースとよく絡まって相性がいいですね!

他のパスタ料理も魅力的で・・・埼玉県の定峰峠くらいの距離感なら毎回よってますね。

必ず、また行きます。

 

 

 

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事