羅臼の流氷による海の幸と知床タンブラー

北海道ツーリング、ドライブルートで道東方面に行くとき、知床はおさえますか? 知床から出航している船に乗って世界自然遺産に選ばれた生態系を目にしたい。

2回目の北海道ツーリングの記事では知床の世界遺産について紐解いていきましたが、今回は【食】に焦点を当てて記録・発信していきます。また、毎度の知床峠は今回も走りながら動画を撮ったのでUPします。

知床の自然については前回の記事で書きました。以下です。よかったら御一読ください。↓

海の幸を生み出す命のつながりがある

私は、2回目の北海道ツーリングの知床羅臼にて感動に打ち震えた体験があります。

 

カレイ(鰈)の煮つけってこんなにおいしいの!?

去年の北海道ツーリングで羅臼の食事処で食べた日替わり定食です。

カレイの煮つけは感動的でした。他の場所で寿司とか、海鮮丼とか食べてどれもおいしかったけど一番印象に残ったのはカレイの煮つけでした。

さて、今回の3回目のツーリングでは何を食べたかというと・・・

親子丼

やっぱり北海道の海鮮系は羅臼の魚が群を抜いているという個人的な印象です。

 

羅臼の海の恵みとは

羅臼の海には、サケ、ホッケ、カレイ、たらこがとれるスケトウダラ、真だら、カニ、コマイ、宋八カレイ、ウニなど様々な魚介類がいます。

そして羅臼昆布も有名ですね!

おいしい海の幸が生まれる流れについて見ていくと・・・

 

稀少な魚介の漁場

道東はの太平洋沖では、図のように親潮と黒潮がぶつかるので稀少な魚介の漁場ができます。

前回の知床の記事と重複しますが、

知床半島の南側、国後島との間にある根室海峡は暖流と寒流の両方が流れ込みます。そこは水流が速くエサに恵まれている環境です。エサをよく食べ、速い水流に負けずに泳ぐ羅臼の魚は脂がのっておいしいんです!

 

流氷が運ぶ命の源

やってくる流氷はオホーツク海のはるか北、サハリン北東部の海で生まれているとされています。

海水が凍る時、植物プランクトンが取り込まれています。北海道にやってきた流氷は、温かな春が訪れると春陽によって溶け出し取り込まれていた植物プランクトンが爆発的に増殖するそうです。

植物プランクトンを食べる貝類や小魚が集まります。

それらを食べる魚が知床の海にやってきます。

知床に集まった魚をエサにイルカやクジラ、アザラシがやってくる。

 

このような食物連鎖を生むきっかけとなる流氷は大業を遂げていると思います。

また、栄養豊富な海で育った羅臼昆布はダシの王様!そんな王様を食べて育つウニは味がおいしくなる。

以上のような命の循環が数々の海の幸を生み出すことを学びました。

初回の北海道ツーリングで行った知床で食べたサケイクラ丼です。

羅臼の海の幸を堪能してください。

 

知床横断道路とタンブラー

知床半島を横切っていてるので知床峠は知床横断道路とも呼ばれています。冒頭に張り付けた去年の記事と重複することしか書けないですが、今回は魅力的なお土産を紹介したいです。

通るのは3回目ですが、鹿を見ることは叶いませんでした。キツネもですかね。。。観光客が配ってしまうエサを狙って道路に集まることがなくなったと思えば望ましい思いもあります。

去年はエサをまくな!という看板を多くみかけました。動物達の自ら生き残るための力を衰えさせてしまう人工的なエサまきは生態系に悪影響を及ぼしてしまう。エサをまくことは、死をまくことでもある。

去年と同様動画を撮ったのでただ走っているだけの動画UPです。

雄大な自然を眺めるのはもちろんのこと、途中羅臼の街並みを眺望できたり北方領土を見られたりと面白いので道東いったら知床峠は必ず通り、羅臼の魚を食べる!

適度なカーブも楽しい。

去年の知床スタートの動画の方が天候には恵まれていました。これです↓

 

知床の道の駅で買った素晴らしいお土産を紹介します!

知床グッズのタンブラーです。オフィスの色に合わせて白を選び、日々持ち歩いています。

知床グッズは道の駅しゃり、うとろ、シリエトク、知床斜里町内のホテルで購入できるそうです。

この日、知床に寄った後は網走に向かって網走監獄を見学して終わりました。

 

次回は網走監獄を記事にするかもです。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事