火事を近くで見るのは2回目くらい
(*^ο^)こ(*^-^)ん(*^○^)ば(*^-^)ん(*^〇^)わ(*^∇^)v ニパッ♪昨夜…22時半ごろ…僕は法学の課題をやるべく…PCでワードで文章作成していた。課題図書は きけわだつみの声~日本戦没学生手記~という小説とは…んーって感じで手記とあるので学徒兵たちの遺書がずらぁぁぁああ!と紹介されている。
2000字以上という条件下…カチゃカチゃうってたら… あれこんなんでもう700字?意外にいけると思っていた…。 うーうーうーうー!遠くからサイレンが聞こえるそして音が大きくなっている… 左のほうから聞こえる… なんだろーって思って 窓見たSSの一枚目。

まき@はれはれのブログ


実際は外にでていたあるていど…中妻の集会所が燃えていた…。 実際で見るのはすごい迫力だ…言葉を失ってしまった。消防車が確認できるところ7台くらいパトカー3台くらい自分家の前だったり…こんな朝多い時自分家の前の道、車は2回も通るのに…その2の数字の数とまっていて…消防士が数人田んぼをずかずか踏んでいく姿見て…不快に思ったりと…あるていどして無事消火。煙がもかもかすごかった。SS2枚目。
まき@はれはれのブログ

肉眼でみえる風景撮るには…シャッター優先モード1/10がいいのかなぁ~ってISOとかかえながらプレビューみてあるていど確認できるのは便利だなーって思いながらプログラムオートだと暗いからシャッター速度おそくなるしぶれちゃうよーって思いながら。 深夜の1時くらいまで…集会所は車があった。
って…↑んで時間使って法学のレポート終わったの1時すぎだった。特支親睦スポーツの疲れがちょっときてた。
 2時間目の教育の制度と経営から始まる今日の授業……子どもの傾聴ということで親と子の…相談のしかたである。もう学校なんか行きたくない。という子に対して…親は、どうして?って親の立場で考えるのではなく そうか学校行きたくないのか―っと繰り返すことで子どもにとって自分の気持ちが相手に伝わっているのを分かるのが大事?繰り返す、言葉の言い換え、… とか例が教科書にあったけど 僕の場合だったら、きっぱりと言ってほしいかな。 想像で 考えた。子:もう大学なんて行きたくない。親:私は高校までおくりとどければ親の責務を果たしたと思っているの。大学に行くと決めたのはあんた。勝手にしてちょうだい。 そう勝手にしてってのが受けてとしていいんじゃないのー?。人は時として己を見つめなおすことがある…すべきことは自分で決め行動すればいい。
発表者の会話が…ショートコントみたいでなんかおもしろかった。それを参考に僕の頭の中でつながったものがある。↓
~子どもの傾聴(授業)~ 子:世の中、美人は得よね。才能ある人はうらやましい。私なんてデブでブサイクだし、電車の中ではわたしの周りに空間ができるの。悲しいわ…(ノД`) 親:たしかにあなたはデブでブサイクだけど(繰り返し)…ほら、笑って!あなたに悲しい顔は似合わないわ。ここで…
~子どもの傾聴~続き 親:ここで…あなたには笑っていてほしいから…ね…笑顔になってもらうためにこちらに見える柔道部三人さんがショートコントしてくれるわ( ´ ▽ ` )ノ B…部長 S…ぼく K…こたろう
ショートコント「砂場」 S→K→B K:あの山を見てくれ。あれを登りきって帰ってこれたらぼくと結婚してくれ S…何言ってんだよ、カワレ ぼくと一緒に砂で山を作ろう! B:ちゃんとおうちに帰りましょうねー カワレ 俺の…新燃岳が爆発しそうだ ⇧下をみてから
~子どもの傾聴~ 子:お母さんやめて下ネタはいや… 柔道部:失礼しました。三年生をおくる会では体育館は笑いの嵐で先生も含めみんな下ネタは大好きと判明したのですが女子はひとによってはドン引きかもしれません。 ~国会議員とスカイツリーは思い出して考え中…
 さて3時間目の数学は…Δijをやった。
 4時間目の生活は…この時間は暇という字がふさわしい。しかし来週にテスト予告があって…次にテストで内容に授業構想があって評価とか理解せんと。
 5時間目の日本事情も来週テスト。持ち込み可。ノートとか見たりしてって…ノートってたしかに先生ホワイトポートに書いてたけど、毎週のビデオ見ながらのレポートやるときのヒントだったりするので…とりま今までのレポートで答えてきた内容からでる→印刷して…持ち込む?
 とまぁ放課後の講習会は…講習やるけど冬休みなにした?ってなって次に絵日記みたいに書こうってなって…僕が先輩と似顔絵勝負したり、女子先輩二人の似顔絵書いてた…リアルに表現しようと思ったが…残念になってしまったSSの注意も大事である。テーマを決めて、みんな一筆書きで書いてあててもらうゲーム~♪やったりして。
まき@はれはれのブログ

特支がこれ4月のウェルカムプロジェクトに使おう!ってわくわくしていた。そういうプロジェクトは特支のメーリスで参加登録きたけど僕とるいんは即答で欠席とだした。ああ4時間目の生活でビデオを見たのを書き忘れた。 小学校低学年が学ぶ生活であるが、1年生が2年生になるまえの最後の日…なにができるようになったかなーって…お茶の水女子大学付属の小学校の映像が流れていた…。しかしアニメの部分もあったりした。小学校1年生がちゃんと自分で起きて、着替えて、あいさつして、食器片付けて近所にあいさつしてという…小学校1年生では無理がありますね…っと先生が補足説明していた。そんな一日だった ノシ


    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事