波照間島~有人最南端とハテルマブルーの海

日本最南端に行ってきました!と言うと、多くの方は沖ノ鳥島が頭をよぎりそうですが・・・あそこは人が行ける場所じゃないよなと疑問符を浮かべるかもしれません。

波照間島という島を聞いたことがあるでしょうか?(*'ω'*) そこが人が行ける有人最南端と位置づけられ、日本最南端の碑や八重山で一番きれいと言われているニシ浜、星空に一番近い島等魅力ある場所です。

今回は波照間島に行ってきた記録と情報の発信をしていこうと思います。

 

八重山で一番美しい海

波照間島がどこにあるかというと石垣島の近くにあります。

そして八重山とは詳しくは八重山諸島のことです。八重山諸島とは東京から2,000km、沖縄本島から400km。北緯24度に位置する日本最南西端の島々です。石垣島竹富島小浜島黒島鳩間島波照間島新城島(パナリ)西表島由布島与那国島のことを言います。その中で一番南に位置する島が有人最南端の波照間島です。人口は490人です。

石垣島離島ターミナル内の安栄観光さんの船で訪れることができます。一日に四便くらい石垣→波照間島の船があります。このような大きい船でいく場合は片道1時間半かかり、帰りに乗った写真なくてすみませんが・・・小さな高速船だと1時間でいけます。残念ですが、自分のバイクはもっていってくれません。1時間でいける小さな高速船はカメラで動画を撮ってました。↓

船酔いが心配ですがこの動画の通り音が気になって酔いませんでした。

 

そして波照間島についたら2時間レンタルの原付を借りました。 尚石垣島からの離島は与那国島と波照間島しか行ってません。

 

 

波照間港について近くにあるのが、八重山諸島で一番きれい!美しいと言われてるビーチ ニシ浜です。石垣島の海もきれいなんですが、波照間島の場合は海と大地と青空のコントラストが素晴らしいと感じました。色鮮やかです。次にのせる青空との対比がいいです。

こういう海って実在することを改めて思い知りました。独特の青い輝きを放つ波照間島の海の色はハテルマブルーと称され有名です。

 

日本最南端の碑で記念写真を撮ろう

有人島として日本最南端である証として日本最南端の碑があります。

一番端っこにきた証を見るのは北海道の納沙布岬、与那国島、この波照間島で三回目です。こうなると日本の4つの訪問可能な端っこを制覇したくなるような。

この碑は、本土復帰前にひとりの学生が波照間島を訪れ、島の人たち数人にも協力してもらい建てられたものだそうです。

近くに日本最南端平和の碑があります。平成7年、竹富町が終戦50周年を記念して「日本最南端平和の碑」が立てられました。

碑の前で記念撮影するのが定番になっています。

 

私は次の船が出発する1時間と少しの時間の観光しか波照間島にいなかったのでニシ浜と碑しか見てません。時間に余裕のある方は街中や夜は南十字星が見えるそうなのでそれを見るのもすてきですね!

 

今回も一週間ぶりの投稿となってしまいました。空いたからにはとびっきりのネタを!と思って波照間島について書けてよかったです。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事