昭和新山と有珠山~雪ミクは北海道を応援~

"りゅうもん、あんざん、げんぶ"

"かこう、せんりょく、はんれい"

この響き、どこか懐古の情が滲み出てきませんか?

 

そうです!中学の理科で習ってテストに出るからと覚えたものです。火成岩の中に火山岩と深成岩があって粘り気で色がかわって・・・斑状組織と等粒状組織があって特徴ごとに鉱物を覚えて・・・。

大人になって旅で赴き、本物を見て過去に学んだ内容と合致させる。今回は北海道ツーリングだ行った昭和新山と有珠山、北海道応援キャラクター"雪ミク"について記録・発信していきます。

 

実は珍しい昭和新山

新参者にして新山・・・名の通り昭和新山は初回の噴火から最新の噴火まで記録が残る20世紀で最も新しい火山の1つとのことです。

昭和の奇跡? (*・ω・*)

誕生前の地には平たんな畑が広がっていたそうです。それが地震によって隆起し、2年もの間に火山が生まれたことから大自然の奇跡と言われるようになったとか。

ドーム状の火山として理科の教科書で紹介される代名詞、昭和新山。ドーム状の火山を作るマグマは固まると白っぽくなるのが特徴なのにどうして昭和新山は

赤っぽいんだろう・・・?

と無知な自分は思った。

昭和新山の赤い岩肌は天然レンガだからです。天然レンガは噴火の際に粘土などがマグマの熱で焼かれて生まれました。

また、昭和の奇跡にはもう1つエピソードがあります。

それは、昭和新山が個人の所有物であること。 誕生前は麦畑が広がっていたものですから、土地を失った方々がいるわけです。その方々を支援するために、私財を投じて昭和新山を買い取った1人の人物がいました。

なので世界で見ても珍しい"私有地にある火山"として知れ渡っていることが分かりました。

 

有珠山ロープウェイ

昭和新山の近くにある有珠山。

有珠山ロープウェイがあります!

だんだんと高度が上がっていくのを感じながら眼下の景色の変化を楽しむ・・・ロープウェイってだけで乗らない手はないと旅先で思う。

 

ヽ( ;`Д´)ノうおおおおおお!

阿智村のより大きい。乗るの阿智村以来なんですよ。再三出てくるキーワードになっているwここに阿智村の記事をポチッとな

 

んん・・・

白っぽいな!?  

昭和新山と同じドーム状に分類される火山なのに稜線というか形状がどこか得心がいかない。背景に迫ると、

山体崩壊

というパワーワードが出てきました。7000~8000年前に崩壊が起きて、山頂部が崩れました。

見下ろした光景。奥には室蘭があるのだろうか・・・夜の工場を夜景写真に収めたいという感想を抱きました。

 

北海道を応援する雪ミク

初音ミクに雪化粧が施されたようなキャラクター、雪ミク

ボカロで有名な初音ミクを作った会社が北海道にある事が縁で誕生したそうです。

新千歳空港では雪ミクブースがあるらしく、北海道にいくフェリーにも用意してくれないだろうかと淡い期待を胸に抱いています。

冬の北海道を応援する雪ミクのフェスティバル【SNOW MIKU】では、雪ミクARが大反響でツイッターで広まっていました。

有珠山ロープウェイに隣接する土産屋には、ご当地キティと雪ミクがコラボした商品が陳列されていました。

昭和新山と有珠山と雪ミクとの出会いを最後にして北海道ツーリングは幕を閉じ、ラストイヤーであるきたかみに乗船して家路につきました。

別の記事で言いましたが、もう一度言います。きたかみ30年の運航お疲れさまでした!!一回限りでしたが最後にきたかみで船旅ができてうれしかった。

感謝を記事にしています↓

 

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事