パティスリー シェ・モア~地元鷲宮からケーキを届ける夢

生まれ育った地で自分のケーキ屋をオープンしたい…そんなすてきな願いを叶えられたお話です。何度かお買い物をして、スタッフから記事にすることを許可いただけたので、鷲宮に新しくできたケーキ屋さんについて記録・発信していきます。

 

パリで修行して地元でお店を開く夢

2018年、5月19日に久喜市の東鷲宮駅のすぐ近くに新しいケーキ屋さんがオープンしました。

【パティスリー シェ・モア】という名のケーキ屋さんです。

最近行った時、小学生くらいの女の子がわくわくした様子でケーキを選んでいて、その子をスタッフ(シェフのお母さん?)が温かく見守る絵になるようなシーンがあって印象的でした。

さてケーキ屋さんはどこかというと

JR東鷲宮駅のすぐ近くです。駅の出口は一か所です。車で来る人は、ホーム沿いの道路に駐車しています。車が通らないので・・・

 

ケーキ屋に気づいたのは地元関係の情報を発信しているツイートからでした。駅を利用した時に何度か足を運んでスタッフから貴重なお話を聞き、記事にすることにご理解いただけたので書きますね!

 

地域に愛されるお店でありたい

オープンするにあたって、チラシにはそのようなメッセージが書いてあったそうです。

その地域=鷲宮はパティシエールさんの地元なんです! パティシエールさんは地元で自分のお店をオープンすることを夢見て最近叶えられたんですね!

夢を追いかけている最中はパリで修行をしていたそうです。簡単な文で表現していますが、パティシエールさんにとっては道中様々なことがあった中でも、最後には夢をかなえる確固たる決意を貫いた、そんな勇姿に感動します。

 

親子で営んでいるのではないかなぁ~と予想しています。だとしたら頬が緩んでしまいそうな温かなお話だと思います。今度買いに行ったときに聞いてみようかな・・・わかったら記事を更新します。

 

すてきな雰囲気のすてきなおいしいケーキ

世の中、グークルマップでもグルナビでも簡単にレビューがあげられますが、絶対後悔させないおいしさは不動の評価マックスを確立しています。

レビューよりも、まずは食べてみてください!細部にわたって丁寧な作りなのが印象的です。そして各ケーキのデザインが斬新なイメージです。見ているだけで高揚感を覚えるような。そしてとてもおいしく、中には以外な食感に出会えたりとわくわくするケーキもあります。

 様々なケーキがある中、季節に合わせたケーキももちろんありますよ!

写真はカボチャのムースです。添えてある花はバラです。飾りとも見れますが、食べられるバラです。

モンブランです。とろけるような食感と下の方はクッキーのようなサクサクした食感の生地でした。じっくりにこんだ和栗が中に入っています。

ピントの合わせ方まちがえました! このケーキはスタッフさんがおっしゃるには、お酒と合うケーキのようです。

ケーキを買うときは家族分買って写真に収めました。二回買ったので10種類くらいのケーキを撮りました。あと一枚ケーキをのせます!

チョコのムースです。滑らかな口どけです!

 

焼き菓子コーナーあります。

お店の中はケーキだけでなく左手にはすてきな包装にラッピングされた焼き菓子があります。個人用だけでなく、何か人への贈り物として購入したいと思いました。

 

地元の人たちにすてきなケーキを届けたい熱い思いの若きパティシエールさんととても優しく丁寧なサービスがすてきなスタッフさんの二人が営む温かなケーキ屋さん【パティスリー シェ・モア】に行ってみてください!

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事