2003年頃、フジテレビでドラマ化された【Dr.ことー診療所】を覚えていますか?原作は漫画で、単行本では1000万部を超える大ヒットとなったようです。今回はドクターコトー診療所に行ってきたことを記録・発信していきます。

ロケ地は与那国島にある

与那国島に訪れる多くの方はドクターコトー診療所が目当てではないでしょうか?私もその一人なんですが、ドラマが好きだった者としては、ロケ地となった診療所にいつか行ってみたい!診療所だけでなく、コトー先生が自転車で走った道路とか様々なドラマで映った行先を自分の目で見てみたい!ときっと思うでしょう。そのためにはるばる日本の最西端の地、与那国島へ。 今回はよなくにフェリーでバイクと共に

飛行機で行かれる場合は石垣空港から一日3本あるらしいです。

フェリーで行く場合は詳しい事を記事にしたのでこちらをご覧ください↓

診療所の受付の写真です。 自由帳 旅の記録には、全国からきた観光客の思いが綴られていました。「コトー先生~!」と呼びかけているメッセージがたくさんありました。私もきっと似たようなことを書いたのでしょう。 診療所を訪れたらぜひ書いてください!

 

さてコトー診療所、最初から受付の写真を載せてしまいましたが、ふつーの?順番にならってはじめは外観からみていきます。

ああ・・・ドラマでたくさん見てきた診療所が目の前にある、自分はここまでやっと来ることができたという実感と感動を覚えました。

診療所の屋上に棒がありますね。ドラマでは旗がはためくシーンがたくさんありました。

診療所の中に飾ってあります。その前にはコトー先生が愛用していた自転車が残っています! 確かコトー先生は自動車免許をもっていなかったから自転車で島を巡ることになったんですよね?まちがってたらコメントお願いします!

 

診療所の中を隅々まで見ていけば、当時のドラマで映った資料がまんま残っていたり、暗いですが、コトー先生が寝泊まりしていた所もあります!続きはぜひ、診療所に訪れて楽しんでください。

ドラマでは診療所だけではなく、与那国島の道路や馬、町並み、漁業など舞台となった与那国島全体の様々な情景が映っていました。

自転車で3~4時間で一周できる島なのでゆっくりロケ地を巡ることができます。その際、ロケ地参考ガイドのサイトがあるので載せます→Dr.コトー診療所ロケ地ガイド

かわいい与那国馬について記事を前回書いたのでよかったら↓

 

エンディングの場所までバイクで 馬鼻崎へ

ドクターコトーをご覧になった方はエンディングの歌が印象的でよく覚えているよ!っと人いませんか?だって

 

 

ぎーーんのりゅうの~せに~のってえええええええええええ

 

中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って」です。エンディングだけでなくBGMとしてもドラマの重要なシーンで挿入されていました。

そこでエンディングでコトー先生が断崖に座っていた、または近くで遠くを見つめている夕日のシーンがあるんです。

そこは馬鼻崎といってそこまでは道路なんてなく、林道を走るようで必死の思いでバイクを走らせた動画を撮りました。

 

ああ~三脚立ててバイクと共にコトー先生が座っていたあたりを撮れた。  

 

 

実は違う場所だったというオチ

先ほどのリンク先でとべるロケ地ガイドの馬鼻崎を見てみるとどうも自分が座っている岩は小さい

馬鼻崎じゃなかったあああ!

 

だけどこの近くにきっとコトー先生はいたと思うことにしますw

 

最後に、与那国島は日本の領土上の最西端にあたるので、こちらの最西端の地碑をお忘れなく!

次回からは北海道ツーリングを書いていきたいと思います。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事