ザンギ発祥の店【鳥松】と山女魚天丼

からあげは好きですか???

好みではないという人を見つけるのが難儀だと思います。

さて、今回は、多くの人が大好きなからあげに似た北海道のソウルフードの【ザンギ】を主に記録・発信していきます。

 

ザンギ発祥のお店【鳥松】に出会う

北海道ツーリングでは1日だけ雨の日がありました。その日は北海道に上陸して2日目で帯広~釧路間200kmを移動したのみです。

夜には釧路にいましたが、夜ご飯は何にしようか適当に街中を歩きながら摸索していたところ、鳥松というお店に出会いました。

旅行やツーリングにおいて想定していない巡り合わせは面白い。出会ったお店の名は鳥松さんでなんとそこは、

北海道のソウルフードのザンギ発祥のお店でした。

ソウルフードとは、その地域で親しまれている郷土料理です。

骨付きザンギ

1羽をまるごと入れて、それをぶつ切りしたのがザンギの始まりだと言われています。

からあげとの違いについては定義の上では明解な違いはないそうです。ただ北海道ではザンギという名が定着しているとのこと。

 

ただ、

鳥松では、ザンギは秘伝のタレを後付けして食べます。甘酸っぱいたれと揚げたてのザンギはよくあう!

 

タレ後付けのザンギを食べられる店は多くないそうなのでザンギは釧路の鳥松さんで食べよう!

許可をいただいたので載せることができます。ありがとうございます。

タイマーを使用せず、音と気泡の状況でタイミングをうかがっているそうです。職人の一端を覗くことができました。

 

山女魚天丼と魚醤ラーメン

北海道1日目は、苫小牧にフェリーでついた11時頃から始まりました。

ここ2回の北海道ツーリングは、北へ向かうべく小樽に向かっていましたが今回は、知床~網走~稚内と半時計回りに辿ろうと思いました。

ツーリング開始早々、信号なし標識なし見晴らしがよく本州よりスビートを上げて走り続けられる北海道の道の快適さを思い出し感動しました。

昼ごはんは道中の日高町で

山女魚(やまめ)天丼を。

日高町には沙流川(さるがわ)が流れていて、そこで育った特産品の山女魚が味わえる山女魚天丼です。

道の駅「樹海ロード日高」に隣接している和風レストランふじかみさんでいただきました。

 

お次は釧路で食べた魚醤ラーメンについて。

釧路丹頂市場内の奥に佇んでいます。

 

店名は

らーめん工房 魚一さん

味の決め手は、秋刀魚と鯡(にしん)を原料とした発酵調味料「魚醤」

あさり魚醤ラーメンこってり味

切れてる写真になってしまってますが、少し写っているのは漬物です。

 

雨により道中の釧路に寄りましたが素晴らしい出会いの数々でツーリングの魅力を肌身で感じたのでした。

最後に釧路の夜を添えて。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事