中国電子商取引法が1月1日に中国で施行されました。中国人の爆買いは鳴りを潜め、さあこれでコミケや日本のグッズを大量に買って中国で売りさばく代購、転売の数が減りそうですが、日本で売ることについては何も変わらないか・・・と気づいた。

2018年C95コミケでの列です。12月29日

どれほど転売目的の中国人がいるのでしょうか? ( 'Д` )

断っておきたいのは中国人の若者にとって日本のアニメは【細胞】と言われるほど大人気です。中国のアニメに比べて日本のアニメはストーリー性、生きて描かれる登場人物の表現力が群を抜いています。日本のアニメグッズが本当にほしい、自分が買いたい商品のために日本に来て並んでいるファンもいるということ。

今年のコミケは【中国人お断り!】というビラをつけてグッズを売っていた悲しい出来事がありました。日本のアニメグッズが欲しくて来た中国人、コスプレイヤーとしてきた中国人がどう思うか考えてほしい。

コミケのイベントをはじめ、イベントのグッズを中国人が大量に買って3~4倍で転売することが問題になっている昨今。コミケで並んでいる欲しい人が買えない現状を変えるべく2019年はどう動き出すのか…? (´・_・`)

ってこのすば限定グッズを買ったので週刊誌を読んでいて思った。

 

豪華なオーケストラ

この素晴らしい世界に祝福をという原作小説があります。アニメ化され、1期、2期と放送されました。主人公(カズマ)が異世界に天使(アクア)を道連れにし、二人で冒険者を集めてパーティを組んで旅をする話で、コメディ作品です。

アニメ1期を見て1期までの内容を小説で読んでいたので、オーケストラがあると知った時はチケットの値段税込み9200円でも逡巡することなく購入していました。

深夜までノドからからで本を読みふけってインフルにかかり、仕事数日休んでおきながら週末のうのうとアニメイベントに向かう社会人がここに1人(  -`д-´)

 

場所は池袋の東京芸術劇場。2月3日。キービジュアルがイラストレーターさんの描いたものなんですからこの時点でなんと豪華なこと。アニメの作画を使わないあたり。

昼の部と夜の部が行われ、私は昼のみ。アニメ1期までしか見てないのもありますが。

中は写真撮影NGなので様子が伝えられません!んで概要と内容は

東京芸術劇場【この素晴らしい音楽に喝采を】

原作担当の三嶋先生のイラスト

アニメ映像とオーケストラの共演

声優さんたちのトーク

声優さんによる朗読劇

OPを歌うMachicoさんとオーケストラの共演

声優さんたちが歌うEDとオーケストラの共演

ドラゴンクエストのオーケストラ経験しかないので声優さんが登壇してトークするだけでなく、朗読劇、EDとオーケストラの共演をやってくれる!OPを歌うMachicoさんとオーケストラの共演と万を切る値段は安いのでは?(*'ω'*)と思いました。

声優さんというプロの声のお仕事を見聞きできたのは大きな体験でした。生の声を聞いて声で演技をするという一つの研ぎ澄まされた武器のみで観客を魅了する尊さ。

え? (*・ω・*)ドタバタコメディのこのすばがオーケストラ!?って声優陣も思っていたので常におもしろい展開みせてくれるこのすばらしい企画だと思いました。

ドラクエのように定期的に開催されるイベントではないので本当に貴重なオーケストラでした。

どれも素晴らしかったのですが一つ気になったのは、声優陣のED曲とオーケストラの共演の時にオーケストラという静謐に聞き入る場において、ペンライトを(o'∀'o)ノ))フリフリ回す輩が数人いたことw

ライブ感覚だったのでしょうか? (´・_・`)

オーケストラのよさ、様々な管弦楽器の音色がハーモニーという一体感でホールに響く感動実際にぜひ行ってみてください!

主に行くのはゲーム、アニメ音楽ですがどこから情報を得ているかというと↓クリックまたはタップでページが開きます。

ゲーム音楽2083

ゲーム音楽を聴こう

素晴らしい音楽に喝采を!

このすばオーケストラの物販は近くのマルイのイベントスペースで買えました。パンフレットとクリアファイル。

また、このすばオーケストラ開催記念でこのすば展示会が催されていました。

アニメ2期のパネルがあって遠い先、小説の続きを読んでから映像を見よう。

    ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    コメントを残す

    おすすめの記事